トップページ > 概要

フラワーセンター概要The outline of a flower center

概 要 gaiyou

kadan

当施設は、花に関する知識の普及及び、栽培技術の向上と憩いの場を提供する公園機能を兼ね備え、あわせて潤いのある郷土づくりと花と緑を普及する拠点施設と位置づけ、「緑の回廊構想」の一環として中国縦貫自動車道の開通を機に開園しました。
 自然の松林に囲まれた園内は中央に満々と水をたたえた亀ノ倉池、南国ムードあふれる大温室や大小様々な花壇や樹木園で構成されています。池には、野鳥が遊び、大温室では、熱帯、亜熱帯地方の清楚な花や大輪の花が咲き乱れています。中でも、ベゴニア、ストレプトカーパス、食虫植物は国内でも有数のコレクション数を誇っています。
 中央花壇、四季の花壇、風車前花壇等は、春は多品種のチューリップで埋め尽くされ、夏はサルビア、マリーゴールド、秋はキク、冬はビオラやハナナなど、季節毎に花壇に植えられる草花の数は年間60万株に及びます。
 草花花壇以外にも、サクラ園、バラ園、シャクナゲ園、ツバキ園、アジサイ、ツツジの小道や山野草を集めたウッドランドではそれぞれ旬の花が楽しめます。
 中国自動車道加西インターチェンジより南へ3q、山陽自動車道加古川北インターチェンジより北へ9qの距離に位置しています。

所在地・面積・植物の種類

 所 在 地兵庫県加西市豊倉町飯森1282番地の1
 総 面 積460,930u(中央の亀ノ倉池約70,000uを除く)
 植物の種類155科825属 4,546種
(野生種2,053種、園芸種2,493種)

沿 革

昭和48年  月兵庫県フラワーセンター建設開始
昭和49年 9月兵庫県フラワーセンター無料開園
昭和51年 4月兵庫県フラワーセンター有料開園
昭和52年 1月(財)兵庫県フラワーセンター協会発足
昭和52年 3月花家族の会機関誌「花家族」創刊号発行
昭和52年 8月第1回花家族の会海外ツアー実施
昭和53年10月第1回兵庫県連合菊花展覧会開催
昭和55年 1月シンガポール植物園と姉妹提携
昭和57年  月正門、花時計、花の展示ホール、シャクナゲ園、ツバキ園等完成
昭和60年 4月分園淡路ファームパーク開園
平成 元年 3月花の広場完成(現在は四季の花壇に改称)
平成 7年 1月阪神淡路大震災 春の入園者激減
平成 9年 3月フラワーセンター開園20周年・花と緑のレストハウス「フルーリ」オープン
平成 9年11月フラワーセンター開園以来の入園者1,000万人達成
平成10年10月(財)兵庫県公園協会と(財)兵庫県フラワーセンター協会合併
  (財)兵庫県園芸・公園協会発足
平成12年 9月分園淡路ファームパーク閉園
平成13年 4月兵庫県立フラワーセンターに名称変更
平成18年 4月フラワーセンター開園30周年
平成19年10月フラワーセンターリニューアル工事延期決定
平成20年 9月年間入園パスポート発売開始
平成22年 4月入園料金の中学生以下無料化開始
平成23年 4月駐車場の無料化開始
平成24年 4月リニューアルオープン(メインゲート・ショップ・中央花壇・芝生広場等)
平成24年 4月(財)兵庫県園芸・公園協会から(公財)兵庫県園芸・公園協会へ
平成24年10月グランドオープン(大温室等)
平成25年 8月花家族の会特典改正(会員証が年間パスポートに変更)
平成26年 4月消費税に伴う、入園料及び花家族の会入会金の改正

  

お問い合わせ

兵庫県立フラワーセンター
〒679-0187 兵庫県加西市豊倉町飯森1282-1
TEL.0790-47-1182・FAX.0790-47-1561

ページトップへ戻る
Copyright(C) 兵庫県立フラワーセンター All Rights Reserved.