HOME > 施設紹介 > 天空の花園・歓びの庭〜花壇

施設紹介

花壇

天空の花園

あわじ花さじきのメイン花壇で、隣接する展望デッキより背景にひろがる花畑とあわせて楽しめます。
本花壇は、その年々のテーマにあわせデザインをおこない、草花で花絵を描く企画花壇です。

さまざまな花で彩られた花壇

ほほえみプロジェクト『はなからはなへ』の花柄花壇(画像)
ほほえみプロジェクト『はなからはなへ』の花柄花壇 2009.6月撮影

明石海峡大橋開通10周年の記念花壇として、吊り橋のデザインや文字を描きました。

セロシア・サルビアによる記念花壇(画像)
セロシア・サルビアによる記念花壇 2008.6月撮影

ビオラ・ポピーによる記念花壇(画像)
ビオラ・ポピーによる記念花壇 2008.4月撮影

テキスタイルデザイン(生地のデザイン)との融合をコンセプトに、色々なストライプ模様を描きました。

セロシア(ケイトウ)暖かい色合いの組み合わせによる暖かいイメージのストライプ模様(画像)
セロシア(ケイトウ)暖かい色合いの組み合わせによる
暖かいイメージのストライプ模様 2007.9月撮影

ブルーサルビアの3色の組み合わせによるチョークストライプ模様(画像)
ブルーサルビアの3色の組み合わせによる
チョークストライプ模様 2008.10月撮影

このページのTOPへ

歓びの庭

歓びの庭は、一年草から花灌木まで様々な品種が植栽された庭園ゾーンです。
一年草のエリアは、『歓びの瞳』を表現した瞳の形をした花壇と、延長100mのボーダー花壇、花が上からふりそそぐ『花のカスケード』で構成されています。
花灌木のエリアは、カラーリーフなど、新しく開発された品種の灌木を楽しめるゾーンです。

季節ごとに楽しむ色とりどりの花々

パンジーによるティアフル・アイ花壇(画像)
パンジーによるティアフル・アイ花壇 2009.4月撮影

アンゲロニアによる『歓びの瞳』花壇(画像)
アンゲロニアによる『歓びの瞳』花壇 2009.6月撮影

『歓びの瞳』
宮沢賢治設計の花壇『ティアフル・アイ(涙ぐむ眼)』をモチーフに平成20年度まで植栽してまいりました。
平成21年度より、あわじ花さじき版『歓びの瞳』として、希望に満ちあふれる眼差しを表現します。

このページのTOPへ