maikopark
舞子公園
みんなの声_よくあるご質問
ホームに戻る サイトマップ このサイトについて お問合せ
Googleサイト内検索 検索
舞子公園とは? 施設紹介 交通アクセス 最新情報 年間行事予定 周辺観光スポット
舞子海上プロムナード
明石海峡大橋(パールブリッジ)
広場
旧木下家住宅
旧武藤山治邸
記念碑・オブジェクト
隣接施設
移情閣・孫文記念館
パンフレットダウンロード
公園利用のルール
モバイルサイト
バリアフリー情報
ダウンロードガイド
旧武藤山治邸(旧鐘紡舞子倶楽部)
旧木下家住宅(写真)
「旧武藤山治邸(きゅうむとうさんじてい) 旧鐘紡舞子倶楽部(きゅうかねぼうまいこくらぶ) 」は、鐘紡の中興の祖と言われ、衆議院議員として活躍した武藤山治(1867年―1934年)が、明治40年に舞子海岸に建てた住宅です。
武藤山治が亡くなった後は、鐘淵紡績鰍ノより「鐘紡舞子倶楽部」として従業員の厚生施設に利用されていましたが、明石海峡大橋建設に伴う国道二号の拡張工事のため、平成7年に和館は取り壊され、洋館のみが垂水区狩口台に移築されました。
平成19年に兵庫県は、建物と共に家具・絵画および蔵書等調度品についてカネボウ鰍謔闃贈を受け、同年より建物の縁の地である県立舞子公園への移築・修復工事を行なってきました。
この移築・修復工事の竣工により、舞子浜を代表する昔日をしのぶ松林と調和した海峡風景を楽しみ、明治期の往年の別荘文化、西洋館の生活様式をありのままに知ることができる舞子公園の新たな名所が誕生しました。
旧武藤山治邸ストリートビュー
建築概要
敷地面積 約1,287平方メートル
建築年代 明治40年(1907年)
平成7年(1995年)移築
規 模 総建築面積 約292.7平方メートル
総延床面積 約422.4平方メートル
建 造 物 建造物 旧武藤山治邸 木造2階建
管理棟 木造一部RC造2階建
旧武藤山治邸の見どころ
旧武藤山治邸(間取り図) 旧武藤山治邸は明治40年(1907年)に建てられた、木造二階建てのコロニアル様式の西洋館で、設計は当時横河工務所に勤めていた大熊喜邦(後に国会議事堂など多くの官公庁建築を主導)によるものです。
下見板張り、天然スレート葺、そして海に面して張り出した優雅なベランダが特徴です。外観は二度の移築により、構造材の大部分や外装材の一部は新材で再現されているものの、建具や内装の仕上げ材は建築当初のものが残されており、当時の写真等をもとに、正確な修復を目指しました。
また、ステンドグラスや暖炉、家具調度品などは当時のまま残っており、明治期の西洋館の住宅形式や当時の実業家がどのように生活していたかを知ることが出来る非常に貴重な建物です。

1階 食堂
1階 食堂
1階 応接室
1階 応接室
2階 貴賓室
2階 貴賓室
ヴェランダ(1階)
ヴェランダ(1階)
屋根
屋根
  漆喰
漆喰
利用案内
■開館時間
午前10時〜午後5時
■休館日
月曜日
※但し祝日の場合は開館し、火曜日が休館日となります
■入館料
区分 一般 団体
(20人以上)
大人 100円 80円
高校生 50円 40円
シルバー 50円 40円
3邸めぐり
入館券(大人)
400円 400円
※障害者(障害者基本法第2条該当)及び中学生以下は無料
※障害者1名につき、付き添い1名無料
※シルバー(65歳以上)の方は、証明書等をご提示ください。
※3邸(旧武藤山治邸、旧木下家住宅、孫文記念館)
■交通案内
電車 ・JR「舞子」駅下車 徒歩5分
・山陽電車「舞子公園」駅下車 徒歩5分
高速バス 「高速舞子バスのりば」下車 徒歩5分
乗用車 舞子公園南地区の駐車場をご利用下さい。
■案内図
旧武藤山治邸 案内図

→[ 案内パンフレットはこちら (PDFファイル:約1.55MB) ]
■お問合せ先
兵庫県立舞子公園  旧武藤山治邸 −旧鐘紡舞子倶楽部−
電話番号 (078)785-8610
前のページに戻る
このページの先頭へ戻る
公益財団法人 兵庫県園芸・公園協会
舞子公園管理事務所
〒655-0047 神戸市垂水区東舞子町2051番地 [地図
TEL.(078)785-5090 FAX.(078)785-5109
E-Mail: info_maiko@hyogopark.com
個人情報のお取扱について 関連リンク
ひょうごの花と緑の公園へいこう
Copyright (C) 公益財団法人 兵庫県園芸・公園協会 All Right Reserved.