最新情報
2019年09月10日
[お知らせ] 一庫公園、憩いの場として維持管理に努めています!
シカの落とし物を!
丘の流れの整備を!
除草中です!
 内容
 残暑の続く9月10日、本日も朝9時開園に向けて、公園の維持管理活動が始まりました。公園内の芝生地の気温は35度を超えています。公園周辺には多くのシカが生息しています。毎朝、10頭前後のシカに出会います。それ以上のシカが公園内の植物を食べに集まってきます。その証に多くのシカの落とし物”フン”に出会います。
 シカのフン取り作業から始まります。3万平方メートル以上の面積を持つ斜面状の森の広場・丘の流れ一帯、森の遊び場〔遊具場所含む〕、その周辺一帯をちり取りと熊手をもち分担して作業に入ります。30分〜40分、作業員の皆さん、汗びっしょりです。
 次に丘の流れの開始時刻10時に合わせて、水路の落ち葉や砂礫の除去を行います。流れの上流から随時下流に向かって竹ぼうきで掃きながら掃除を進めます。2〜3mmくらいの小さな石ころでも膝をついた時にお子さんがけがをされ、対応させていただいたことがあります。知明山中腹にある「丘の流れ」はお子さん方にとっては、人気の遊び場となっています。上流の湧口から下流の貯水池まで約210mで、水遊びには最良の場所となっています。丘の流れの美化作業も30分以上かかります。シーズン中の5月から9月まで、この作業は実施します。
 この2つの定時作業の後、季節等を考慮し計画にのっとって、その日の作業を進めてまいります。
 20年以上経った一庫公園、施設やフィールド、自然観察路の柵や階段、手すりなど多くの箇所が摩耗したり傷んでいます。草刈り、剪定、高低木処理、自然観察路や階段、園路や関係道路の点検・清掃、破損・劣化個所の修理など、緊急対応を除いて、できる限り計画的に行っています。台風や雷などの非常変災、経年劣化からくる機械等の損傷などは関係機関や専門業者にお願いすることもあります。
 今後も、日々の維持管理活動を通して、自然環境と調和した里山公園として、快適に楽しく過ごしていただけるよう尽力してまいりたいと考えています。
 来園されたり、HP〔ホームページ〕等をご覧いただいて、何か気づかれたことがございましたらお知らせいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

← 1つ前に戻る  
このページの先頭へ
国営明石海峡公園 あわじ花さじき 淡路島公園 淡路佐野運動公園 明石公園 花と緑のまちづくりセンター(緑の相談所) 三木総合防災公園 播磨中央公園 多可町北播磨余暇村公園 舞子公園 西猪名公園 一庫公園 有馬富士公園 赤穂海浜公園 赤穂海浜公園オートキャンプ場 フラワーセンター 丹波並木道中央公園 尼崎の森中央緑地 あわじ石の寝屋緑地