最新情報

ホームへ戻る

2019年05月26日
[お知らせ] モリアオガエルと真夏のような一庫公園
テントと丘の流れ
約15cmの卵塊!
モリアオガエルの生息池
内容
 5月26日〔日〕は、快晴で、30℃を超す真夏のような1日となりました。朝から多くの家族や来園者の方が行列をつくり丘の駐車場に、湖畔の駐車場に車の列が続きました。就学前のお子さんや小学生をつれた家族の方が大半でした。
 丘の流れの周辺は、色とりどりの家族テントが張られ、子どもさんたちは大はしゃぎでした。元気で仲むつまじい声が聴かれました。
 こうした賑わいの中で、ネイチャーセンター側と出合いの谷の登り口左側のビオトープ池では、モリアオガエル〔兵庫県RD−Bランク〕が鳴き、直径15cm程度の大きな卵塊をつくっています。ネイチャーセンター側のビオトープ池では、5月23日に卵塊を発見しました。モリアオガエルは、産卵生態に特徴があり、樹上に卵塊をつくり、その中に300〜800個の卵を産みます。日本のアオガエルのなかまで、少し小型のシュレーゲルアオガエルがいますが、田んぼの溜まりなどの地中や地面付近に卵を産みます。
 一庫公園では、大切に生息の様子を見守っています。採取して持ち帰ることはできませんが、見学等はできますので、もし関心がおありでしたら、そっとご覧ください。
 お問合せは、一庫公園管理事務所まで連絡ください。
← 1つ前に戻る  
6月 2019年7月 8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31