HOME > 施設紹介

施設紹介

施設紹介マップ 交流ゾーン 森のゾーン ハイウェイオアシスゾーン イラストマップ(PDF) 表面(PDF) 裏面(PDF) 草原と花のゾーン

主な施設紹介

交流ゾーン
大型のローラーすべり台や自然の木を使ったアスレチック遊具、水上遊具のある水の遊び場、大きな芝生広場など子供も、大人も一緒に家族で楽しめる空間です。
広大な芝生広場からの眺めは心があらわれる思いがします。
詳しくはこちら
森のゾーン
公園内で最も自然が豊かな地域。森林のなかの遊歩道を散策しながら、淡路の自然を楽しむことができます。展望広場からは、明石海峡から大阪湾までの雄大なパノラマが 目の前に広がります。また、4月には展望広場のサクラが、6月には約1万株ある「アジサイの谷」のアジサイが色鮮やかに咲き誇ります。
四季の花が美しい「花の谷」があり、癒しのスポットとなっています。オアシス館からの「花の谷」のながめはまるで庭園の中にいるようです。
詳しくはこちら
ハイウェイオアシスゾーン
明石海峡を眺めながら、食事やショッピング、庭園の散策などが楽しめます。このゾーンのメイン施設であるオアシス館には、和食レストランやカフェ、土産物がそろう物産店があり、別棟にはイタリアンレストランもあります。また、オアシス館の山側には四季の花が美しい「花の谷」があり、癒しのスポットとなっています。
詳しくはこちら
草原と花のゾーン
平成23年4月にオープンしたゾーンで、淡路島に自生するチガヤやススキの草原が広がり、春はスイセン、秋はのじぎくの花が出迎えてくれます。明石海峡大橋や関西国際空港など大阪湾を一望できる展望デッキ、約0.7haの芝生広場、日仏友好モニュメントのシンボルストーン、山桜の並木道などが整備され、ハイキングコースとして楽しめる空間です。
詳しくはこちら
淡路島公園内散策コース
淡路島公園は一年中花と緑に囲まれています。
「淡路島公園内散策コース」を是非歩いてみてください。
ここでは「ハイウェイオアシス」からスタートして、またぐるっと戻ってくるコースを紹介しています。
詳しくはこちら
環境体験プログラム
淡路島公園では、公園の自然環境や施設を活用した環境プログラムを提供しています。
詳しくはこちら

このページのTOPへ