協会について
兵庫県園芸・公園協会とは 組織概要 協会データ
理事長あいさつ
理事長 令和6年1月1日、能登半島地震が発生いたしました。 被災者の方々に心からお見舞いを申し上げるとともに、一刻も早く元通りの生活を取り戻されることを強く願っています。

当協会が管理する三木総合防災公園では、発災直後の1月2日に県からの要請を受け、同日中に食料、ブルーシートを搬出する等速やかに対応を行ってまいりました。 今後も兵庫県と密接に連携の上、広域防災拠点として被災地ニーズを踏まえながら適切に対応を行っていきます。

さて、当協会は、公園を「365日・24時間・360度でワクワク」のコンセプトの下、これまで利用されていなかった期間や施設をあらゆる角度から有効活用を進めています。 昨年はアウトドアブームを追い風に、4つの公園で地域個性を生かしたデイキャンプを楽しみ、明石公園や舞子公園で花火・ランタン・橋泊等で夜を満喫し、気球やドローンで空の散歩に胸を躍らせました。

今年も引き続き、皆様のお声を伺いながら楽しい公園にしていきますので引き続きよろしくお願い致します。

令和6年1月
公益財団法人兵庫県園芸・公園協会
理事長 伊藤 裕文
兵庫県園芸・公園協会とは
名称 公益財団法人 兵庫県園芸・公園協会
目的 兵庫県内の都市公園等の健全な利用を図るとともに、花と緑を育てる技術及び公園緑地に対する愛護精神の普及啓発を促進し、園芸及び公園緑地事業を振興することにより、兵庫県民の生活に安らぎとゆとりをもたらし、明るく潤いのある社会の創造に寄与することを目的とする。
役員等 評議員9名、理事12名、監事2名(令和4年5月16日現在)
基本財産 82,208千円(令和4年3月31日現在)
事業 (1)兵庫県内の都市公園等の管理運営
(2)兵庫県内の都市公園等に係る施設の設置及び管理
(3)公園緑地及び花と緑を愛する思想の普及
(4)公園緑地事業に関する調査研究並びに景観園芸その他の業務の指導及び受託
(5)花と緑を育てる技術の研究、指導及び相談
(6)公園緑地事業に関する講習会、研究会、展示会、その他催し物等の開催
(7)花と緑を育てる組織の育成及び指導
(8)体育施設、展示施設の設置及び管理並びにスポーツ及び野外活動の振興
(9)その他前条の目的を達成するために必要な事業
このページの先頭へ
国営明石海峡公園 あわじ花さじき 淡路島公園 淡路佐野運動公園 明石公園 花と緑のまちづくりセンター(緑の相談所) 三木総合防災公園 播磨中央公園 舞子公園 西猪名公園 一庫公園 有馬富士公園 赤穂海浜公園 赤穂海浜公園オートキャンプ場 フラワーセンター 丹波並木道中央公園 尼崎の森中央緑地 あわじ石の寝屋緑地