HOME > 施設紹介 > 草原と花のゾーン

施設紹介

草原と花のゾーン

草原

平成23年4月にオープンしたゾーンで、淡路島に自生するチガヤやススキの草原が広がり、春はスイセン、秋はのじぎくの花が出迎えてくれます。明石海峡大橋や関西国際空港など大阪湾を一望できる展望デッキ、約0.7haの芝生広場、日仏友好モニュメントのシンボルストーン、山桜の並木道などが整備され、ハイキングコースとして楽しめる空間です。

展望デッキ

展望デッキ(写真)

標高218m、公園で一番高く、神戸、明石海峡大橋、公園全体が一望できます。天気がよく空気が澄んでいると神戸空港、関西国際空港まで望むことができます。

展望デッキの眺め

草原の芝生広場

アジサイの谷(写真)

面積約7,000uの平坦な芝生広場で、各種スポーツやイベントに使用できます。周囲にはチガヤやスイセン、ドングリ、コナラなど淡路島に自生する植物が植えられています。

スイセンの写真

日仏友好のモニュメントのシンボルストーン

花の谷(写真)

芝生広場の入り口には「日仏友好のモニュメント」のシンボルストーンとして、1994年秋にフランスのブルターニュ地方で採取された20億年前の花崗岩が展示されています。

このページのTOPへ